おっぱいの感触

おっぱいの感触って、童貞男性が一番知りたいことじゃないかと思います。実際におっぱいをこの手で触っておっぱい童貞を卒業したい、本当の意味でおっぱい星人になりたいという男性のために、巨乳マニアの私がおっぱいの感触を詳しく説明したいと思います。

先ず、おっぱいを触った時の感触と一言でいっても、その柔らかさは人それぞれに個性があると言わざるを得ません。おっぱいってめちゃめちゃ柔らかくて、触るととろけるような感触なんだろうと妄想するおっぱい童貞の男性は多いと思いますが、実はそうとも限らないのです。

一概には言えませんが、特に、10代から20代前半くらいのおっぱいはハリがあり、どちらかというと固いと感じる男性が多いようです。若い女性のおっぱいは年齢を重ねた女性のおっぱいに比べてハリがあって垂れにくいという良さはありますが、垂れにくいということは柔らかくないという、おっぱいにとってのマイナスイメージとイコールです。

垂れていないのに軟かいおっぱいは、おっぱいマニアの中では「奇跡のおっぱい」と言われています。特に巨乳グラビアアイドルに多いのですが、おっぱい揺れ揺れ動画や、自分でおっぱいを寄せて上げているシーンを分析して、「このおっぱいなら相当柔らかいはず」と評価します。実際にはアイドルのおっぱいには触れていないので100%の確実性はありませんが、おっぱいのプルプル感は映像をみれば大体想像がつきます。

おっぱいをの感触を物に例えたら何であるかという話題は遠い昔から限りなくされてきているでしょう。

某アイドルのFカップおっぱいの軟かさをラジオ番組の中で検証したときのこと。「ホットケーキミックス等の粒子の細かい粉を、ビニール袋に入れてブラジャーで包んでみると、感触が似ているのではないか」と実験したようですが、その結果、ビニール袋に細かい粉を入れただけでは、かなりの軟かかさはあるものの粉の感触がどうも抜けなかったようです。しかし、そのビニール袋をブラジャーに入れたところ、中の粉が思った以上にカップに収まり、本物のおっぱいに近づいたというのである。実際にアイドル本人が「似ている」と発言しているので、どうしてもおっぱいを触りたいけれど叶わないという人は、一度試してみる価値があるかもしれません。

さて、奇跡のおっぱいは別にして、実際のおっぱいの感触に話を戻しましょう。一般的に若い女性のおっぱいは固いのではないかという少しショックかもしれない話は前半でしましたが、あくまでもハリがあると思っておいた方が良いでしょう。おっぱいの感触は柔らかさだけでなく、手の平に吸い付くようなキメ細やかな美肌も大変重要な要素です。

若い女性のおっぱいは、ハリがあり、更にプルプルのもち肌の感触がおすすめで、揉んでいて至極の感覚だと表現する人もいますし、実際に私自身もそう思っています。後ろから両方のおっぱいを鷲掴みにした時に、ぴったりと、そしてしっとりと手に収まるなんとも言えない気持ち良い感触は若い女性のおっぱいならではと言えます。

そして女性も大体25歳を過ぎると身体が完熟系へと変化していくと言われています。25歳でも十分若いですが、おっぱいマニアは、この時点から初めて熟したエロおっぱいを想像します。概ね女性は、25歳を境にハリのあるおっぱいから柔らかいおっぱいへと変わっていくのが普通です。

おっぱいマニアは完熟おっぱいを好む傾向があり、女性は25歳を過ぎてからと思う人も大勢います。この年齢以上のおっぱいは大変柔らかく、ブラジャーなしでは少々垂れ気味となってきますが、柔らかさは別格の極上といって良いでしょう。

Dカップ以上のいわゆる巨乳となると、おっぱいを掴んだ時に手の平にじっと収まってくれず、手の間からこぼれ落ちそうになります。おっぱいが柔らかすぎて、手の中に収まっていないというか、良い意味で安定感がないプルプル感といった感じです。

因みに10代の女性は陥没系の乳首が結構多いのですが、この年齢になると乳首が大きく立っていることが多いです。こういうじょせいのおっぱいを揉むと、極上の柔らかさに、乳首のエロイこりこり感がプラスされ、揉んでいる感触は更に気持ち良いです。

揉まれている女性も、乳首に性感帯が集中しているので、吐息も漏れるようになるでしょう。そのような相乗効果が、おっぱいを揉む男性を最高の気持ちにさせてくれるのかもしれません。

いろんなおっぱいを揉んでみたい、触ってみたいという人は当サイトで紹介しているような出会い系サイトを使ってみたらいかがでしょうか。複数女性のおっぱいをできるだけ沢山と考えれば選択肢はそれほど多くないと思います。