巨乳の感触とは

男性なら誰もが憧れるおっぱいですが、とりわけ巨乳はどのような感触がするのでしょうか?そもそもちっぱい(小さいおっぱい)さえも触ったことのない中学生レベルの童貞君であれば、その妄想は無限に広がっていることでしょう(笑)。

ここで知っておかなければならないことは、一言でおっぱいと言っても、その感触は千差万別であるということ。もちろん、おっぱいが柔らかいものであるとの理想はあるものもの、現実的には固めのおっぱいと柔らかい極上おっぱいとに分別できます。

固めのおっぱいとは、10代から20代前半の女性に多い「張りのあるおっぱい」と太っている女性に多い「ただの重い脂肪の塊のおっぱい」があります。10代から20代前半の女性がもつ張りのあるおっぱいは、学生ねらいのオジサン世代にも大人気ですね。乳首が上を向いてツンと立っており、人差し指と中指で弄びながら弾力のあるおっぱいを揉みまくる感触はホント最高で癖になります。

それに対して太っている女性に多い脂肪の塊のおっぱいは、張りというよりも「硬い」という印象を受ける男性が殆ど。巨乳に包まれるというよりは、脂肪に押しつぶされるというように、あまり良い印象は受けません。

硬くて良いおっぱいとは=若くて弾力があって張りのあるおっぱいと言うことができるでしょう。若い子の場合、乳首が巨乳に陥没している場合もありますが、それを吸い出すという「楽しみ」もありますね。

次に「柔らかいおっぱい」を考えて見ましょう。柔らかいことこそが「ザ・パイオツ」と考える男性が殆どかもしれませんね。おっぱいの柔らかさは少し年齢が熟してきたときに際立つようになる傾向があります。

年齢でいうと25歳を過ぎてから、しかも特に30歳を過ぎてからのおっぱいが最も柔らかく、ふわとろの極上おっぱいになります。前述のとおり、太っているとどうしても固めになることが分かっているので、女性の体型は普通からできるだけ細身の女性の方が柔らかい極上おっぱいを持っていることが多いです。

ちっぱいでも柔らかいのは柔らかいですが、男とすればできるだけ大きな巨乳とあたった方が嬉しいものです。Dカップ以上のFカップやEカップといったグラビアアイドル級の細身で巨乳持ちの女性なら、大きさも柔らかさも見た目さえも申し分ないでしょう(喜)。

更に色白でもち肌だと、手の平に吸い付くような最高の美乳ということがいえるのではないでしょうか。